うれしいご報告

昨日は湘南Tサイト内ファーメントでの犬猫ごはん教室 秋養生をテーマに開催。

前半は、はじめましてのお二人がご参加。
すでにドライフードを主体に食材を乗せて、実践されている方たち。
その割合や食材の確認。
具体的な話をするには、やはり時間が足りないくらい(^^;
さらに安心して実践していただけるとうれしいです。

今回の後半は秋養生がテーマ。
秋養生 手作り食_convert_20170928203019
腸内環境を整えるヒント、
免疫サポートに役立つマッサージ、
もちろん、それらに役立つ食材などをご紹介。

調理のお手伝いをしてくれているナオさんからは、
ドライフード派の子たちに気にいってもらえそうな
セミドライフード
セミドライフード_convert_20170928203410

栄養価が高く、免疫機能を高めることも期待できるギー
みなさんと出来あがりを期待して見守り
ギー_convert_20170928203756

そしてみなさんからの感想
「すぐに使える対処がたくさんありました」
「分かりやすくて、とても居心地が良い。
お料理を教えてくださる先生(ナオさん)もとても優しく毎回、参加していて素晴らしいと感心しています」
さらに今回のシリーズで手作り食に挑戦し始めた方は
「少しずついろんな食材が食べられるようになってきました。
 ご相談できるの心強いです」
さらにさらに毛並みが良くなった!
気が強い面があったのが前よりも穏やかになった!
無口だったのが前よりもおしゃべりになった!
感情表現をするようになった!
食べものへの関心が強くなった!
などなど、うれしいご報告をたくさんしてくださいました。
お話をしてくださる飼い主さんのお顔もうれしそうです。
継続してごはん教室を開催しているのは、
こういった声を生で聞くことができることがうれしいからなんですよね。

はい、次回は11月22日(水)わんわんにゃーにゃーの日ですね(笑)
冬養生を開催します。
食についてはもちろん、日常に取り入れられるケアについてもご提案いたします。
スポンサーサイト

犬猫に手作り食って良いの?

適度に手抜きをしながら(笑)、ほぼ毎日、愛猫に手作り食を用意しています。
もちろん、手作り食の良さを実感しているからではあります。

「犬猫に手作り食って良いの?」
素朴な疑問だと思います。
一言でお答えすれば「取り入れ方次第」というところです。

手作り食と言っても、方法はさまざま。
食材だけで食事を用意するのでしたら、
旬を取り入れ様々な食材を取り入れること。
特にミネラルなどの過不足がないように配慮することが重要と考えます。

難しそうに思うかもしれませんが、その基本さえ押さえてしまえば、
大切な家族の健康に役立つこと、大いに期待できますo(^▽^)o。

先程の「取り入れ方次第」って多くのことがらに言えると思うのです。
いくら良いものでも、方法を間違えていたりバランスを崩していては、
元も子もなくなってしまいますね(´・_・`)
過信、妄信もしないよう、ときおり立ち止まって見直すことも大切。

栄養バランスが不安な場合には、総合栄養食と食材と両方の良いところ取りから始めましょう!

安心して手作り食を始めていただけるよう、ご提案しています。

今後の予定

9月16日 14時から17時
「手作りフード講座」
会場:アロマスペースニコ

9月18日 13時から14時
ドッグフードセミナー
会場:ドッグフォレスト湘南

9月27日 11時から13時
犬と猫の手づくり食 秋養生
会場:湘南Tサイト内ファーメント

DSC_0648_アメリ_convert_20170102225009

食材のバランス

またまた、寒い雨となりましたね(;_;)
桜が咲き始めたというのに、この寒さ・・。
みなさん、体調を崩しませんように。

さて、いまさらですが手作り食を実践し、提案をしている獣医です。
手作り食と言っても、様々な方法があることと思います。
基本をしっかりと押さえて、その子に合った方法を選んでいただきたいものです。
そう、基本さえ押さえれば、さほど難しいことではないはずですし、
とても良いモノなはずなんです。

ただ、食材のバランスを崩してしまうと体調に影響も及ぼすかもしれません。
肉食動物でも、野菜は必要です。
獲物となった草食動物の内臓から、まず食すそうです。
傷みやすいからということもあるでしょうが、
草食動物がある程度消化したものを食すことで繊維やミネラルを取り入れているのでしょう。
繊維質を取らないでいると、便秘にもなりますし、
野菜からとれるビタミン、カリウムなどのミネラルも重要です。

毎日、同じ食材というお宅もあるようですが、体調や好みを確認しながら、
少しずつでも食材を増やすよう挑戦していきましょう。
食材には、それぞれ一長一短があります。
それぞれでサポートできるよう、数種を組み合わせたり、
ローテーションしていくことも大切ですね。
完全手作り食を続けるには、内臓肉やカルシウムを取り入れ、
ミネラル不足に気をつけましょう。

できないときには、無理をせずにフードに頼りましょう!

かといって、あまり考えすぎなくても、大丈夫。
1週間とか短期間でバランスを崩すことはありませんから。
私自身、数日、カルシウムを入れ忘れたとか、多々、ありますから(笑)。
日ごろ、しっかりと摂っていれば、大丈夫!

毎日、完璧な栄養バランスを取ることは難しいので、
1~2週間など、一定期間でバランスが取れていれば、十分です。

いつもお伝えしていることですが、毎日のこと、がんばり過ぎないことも続けるポイントですね。

DSC_0648_アメリ_convert_20170102225009

犬と猫の手作り食の良さ

数日前の真冬の寒さから戻り、ホッとできるお天気ですね。

先週金曜日から月曜日まで、私的にちょっと仕事が立て込んでいて、
チャレンジもありました( ̄^ ̄)ゞ
なんとか乗り切り、反省点があるものの、しっかりと次につなげていきます!!

ネクタイを締めた役職のある方に向けて、猫の食性についてお話したり、
動物医療関係者の方たちに向けて、犬猫の手作り食の始め方についてお話したりと
貴重な時間をいただきました。
どちらも、緊張気味でお伝えしたいことが出し切れなかった感も残りましたが、
次に繋いではいけたかと。

17571856_1398928656848846_1586050487_o_convert_20170329134003.jpg
グリーフケアアドバイザーの阿部美奈子先生にご縁をつないでいただいた、ワラビー動物病院グループでのセミナーの様子

手作り食って一言に言っても、様々な方法があり、
中には自己流になっていることもあるはず。
私が提案している方法が絶対ではないとしても、
その動物さんに合った方法を見つけていただきたいと思っています。
「それぞれの食材には一長一短があるので、バランスを摂っていきましょうね」
いつもお伝えしていることです。

動物医療関係者に手作り食の良さや、バランスの大切さを知っていただくことで、
動物も飼い主さんも、動物関係者もみなが安心して食の話をできるよう、
お手伝いしていきたくも考えています。(^∇^)ノ

日々の手作り食

春一番が吹いた後は、また寒さが戻ってきましたね。

2月は、いつもより少々、仕事が増えていて、人間家族、猫家族の食も手を抜きがちです(。-_-。)
それでも、便利なものを活用しているので、無理なく続けられています。
人家族も、お総菜を買うことや、レトルト品を使うこともありますもんね。
食は毎日のことなので、忙しいときなどの強い見方が必要!!
もちろん、フードの併用もOKですよ。

お湯をかけると簡単におじや状になる健康一番とお野菜のみの健康一番 ダイエット
この2つをその子により、量を調整して使っています。
さかい企画さんのお肉や魚もお勧めです。
特に内臓肉は質の良いものを与えたいですね。

食材を冷凍、冷蔵保存しておくのも、大変なことがあるので、
私がアドバイザーを務めている、はごろもフーズの無一物
無一物は食材の水煮で余計なものは何も入っていません。
ごはん教室では、サンプルをお配りしています。
また新商品も出るようです。
お楽しみに~。

3月も出張ごはん教室を予定しています。

3月11日(土) 11時半から13時半
猫のための手作りごはん プチ手作り編
会場:里親募集型の保護猫カフェMiagolareさん
詳しくはこちら
教室の後、簡単な相談にもお答えします。
別途費用がかかりますので、上記にてご確認ください。

3月25日(土) 10時から12時
犬と猫の完全手作り食&簡単栄養学 
          12時から13時
バッチフラワーレメディワークショップ
会場:黒門カルチャークラブ研修室
詳しくはこちら

どちらも、参加費の一部がそれぞれの活動に寄付されます。
お勉強した上に活動のお手伝いにもなりますよ。

ぜひぜひ、ご検討ください。
プロフィール

AnimalHarmony

Author:AnimalHarmony
心と体に優しいホリスティックケアを紹介している獣医師の古山範子です。
茅ヶ崎での猫の保護活動、Chigasaki Cat’s Protectのお手伝いなど、猫中心の生活です。

チロとサクラのクリニック 非常勤
Aroma Space Nico ペットのためのホリスティックケア講座 講師
「てづくり猫ごはん」監修

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR