「犬と猫と人間と」

ドキュメンタリー映画「犬と猫と人間と」のDVDが発売となりました。
映画館で観たときには、涙があふれるのを止めることができず、
映画館を出た後も、自分の置かれている状況で何ができるかと、
深く考えさせられたものです。

映画は、一人の猫好きなおばあさんが飯田監督に映画製作の依頼をするところから始まります。
飯田監督の「どうして猫なんですか?」という問いかけに、
「人も好きだけど、猫のほうがましみたい」と返した言葉が印象的です。

映画では、「ペット大国」と言われる日本の現状を突き付けられます。
2007年の報告では、年間30万頭の犬と猫が処分されたといいます。
「ペット大国」とは言われていても、「ペット天国」とは言えない現状です。

それを作り出しているのは、安易に動物を飼える環境が大きいのではないかと思います。
私も一人の獣医師として、犬や猫を家族と迎える際には、その動物の特性などを良く知り、
そのご家庭に合った子を迎えていただきたいと思っています。
その犬種や猫種の出身国や特性、どのような病気になりやすいかなどを知ること、とても大切なんです。
それをとばして、容姿や人気があるからと飛びついてしまうと、
ご家族と犬や猫との暮らしが幸せと遠くなってしまうかもしれませんね。

つい先日、担当した講座に参加された方から、
「家に犬を迎えたくて探している」というお話を聞きました。
特別に犬種へのこだわりもないご様子だったので、
保護犬を里親に迎えては?と提案させてもらいました。
子犬から子育てをする楽しみも大きいですが、
ある程度、性格が出来上がっている子を迎えるときには、
その家庭との相性をじっくりと見ることもできると思うのです。

犬種にこだわるご家庭でも、ぜひ信頼のおけるブリーダーさんから迎えていただきたいと思います。
犬や猫がケースの中に入れられ、店頭での販売にはやはり賛成できないので。

とにかく、このDVDを多くの方に見ていただきたく思います。
動物と暮らしている方、これから迎えようとしている方、
そして動物関係のお仕事をしている方・・。
レンタルも始まっているようです。
私もこのDVDを友人と一緒に観たり、知人に貸したりして、一緒に考えたいものです。
スポンサーサイト
プロフィール

AnimalHarmony

Author:AnimalHarmony
心と体に優しいホリスティックケアを紹介している獣医師の古山範子です。
茅ヶ崎での猫の保護活動、Chigasaki Cat’s Protectのお手伝いなど、猫中心の生活です。

チロとサクラのクリニック 非常勤
Aroma Space Nico ペットのためのホリスティックケア講座 講師
「てづくり猫ごはん」監修

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR