アニマルホリスティックケアセラピスト養成講座

アニマルホリスティックケアセラピスト養成講座の講師を務めてきました。
この講座を受講せれているのは、多くが愛犬家ですので、今日は犬のお話が主体。
今回、私が担当したのは、解剖生理学というタイトルなのですが、犬種特有の病気などについても、お話させてもらっています。

そして、いつも受講生の方たちが関心を持たれているのが、ワクチンについて。
獣医師により、それぞれの考え方があると思います。
生まれた年と翌年の追加接種をした後は、3年に1回でも抗体は十分に上がっているという、世界的な発表を受け、私は3年に1回のワクチンを推奨しています。
ただ、日本のワクチンメーカーは、1年に1回の追加接種を推奨しているため、
現場の臨床獣医師はそれに従わざるを得ないのも、仕方のないところかもしれません。

ワクチンの負担を軽減するために、1回に摂取するワクチンの種類を減らすことは可能かと思います。
犬の場合、成犬になって恐いウィルス感染症は、パルボウィルス、ジステンパー、伝染性肝炎の3つです。
生活スタイルにもよりますが、8種も9種も必要ないことが多いと思うのです。

また、ワクチンをいきなり3年に1度に減らすことには、不安もあるかもしれません。
その時には、抗体検査をお勧めします。
血液を検査センターに送ることで、抗体価を測ることが可能です。

直接的なワクチンの害というのは、アレルギーなどを起こさない限り、目に見えにくいですが、
肝臓や免疫に負担がかかっていることは、想像できます。

心配や不安があるのでしたら、かかりつけの獣医師と相談して、毎年のワクチン接種を検討してみてはいかがでしょう?

1、1度に摂取するワクチンの種類を減らす。
2、3種のウィルスの抗体価を測ってみる。
3、3年に1度のワクチンを検討してみる。

猫の場合でも、同じことが言えますね。
室内飼育の猫さんが成猫になってから恐いのは、パルボウィルスです。
ただ、パルボ単味のワクチンはないと思うので、伝染性鼻気管炎、カリシウィルスなどの3種のワクチンが一般的だと思います。

それぞれの生活スタイルや、環境、動物病院の考え方によると思いますが、納得のいく方法で、愛犬の負担を軽減できると良いと思います。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ホリスティックケアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

猫保護活動

kurosuke
今年の2月から、茅ヶ崎市の猫保護団体Chigasaki Cat’s Protectのお手伝いを始めています。

団体には、数多くの依頼が後を絶たない状態です。

保護活動をしながらも、啓蒙活動の大切さを痛感。
猫に限ったことではなく、生き物と関わるからには、大きな責任が生じますよね。
かわいい、かわいそうという気持ちがきっかけなのでしょうが、
身勝手な愛情は無責任に終わり、安易な同情は良い結果を生まないように思うんです。
特に猫は、交尾排卵なので、交尾により確実に妊娠してしまいます。
1回の妊娠で4,5匹生まれ、生後半年もたてば、この子猫たちも繁殖能力を持つようになる・・。
どんどん、猫が増えていくわけですね。

オス猫は去勢をしないまま、外で暮らせば、縄張り争いからのケンカにより、怪我が絶えず、
またそのケンカからエイズウィルス、白血病ウィルスなどに感染する危険も。

猫が増えた現場では、近隣から糞尿被害なども訴えられます。
猫アレルギーの人には、苦痛も伴うことでしょう。

猫好きな気持ちが猫を悪者に仕立てあげてしまうことがあるんですよね。
猫が好きな人ばかりではないということを、ちょっと想像してほしいものです。

猫も人も安心して暮らせる街を目指して、大好きな茅ヶ崎、愛おしい猫のための保護活動です。

現在、我が家では一時預かりの猫さんとの生活を楽しんでいます。
団体では、子猫もたくさん、保護しており、新しい家族との出会いを待っています。
子猫はもちろん可愛いけれど、大人猫の安心感が私は好きなんですよね。
外暮らしだった子も、人との暮らしに慣れると、驚くほど甘えてくれ、その時の喜びは大きいです。

保護団体からの譲渡だと、その猫の性格なども把握できますし、
先住動物がいるお宅でしたら、トライアルも可能なので、相性を確認できるのも良いと思うんです。

猫の安心・安全な生活を求めつつ、猫との暮らしの豊かさをお裾分けもしたいのです。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

生食医学セミナー

今日、生食医学セミナーを受講。
体質の陰陽、症状の陰陽のお話。
説得力のある先生のお話にうなずきっぱなしでした・・。
たとえば・・冷えは一般的に陰性の症状ですが、
陽性が強すぎて血管が収縮し、循環が悪いことで冷えていることもあるようです。
冷えがあるから、陰性だと思いこんで、玄米食を続けてしまい、
陽性に偏ってしまう方がいるんだそう。

他にも、陽性体質でありながら、陰性の症状を持っている場合、
陰性の体質でありながら、陽性の症状を持っている場合などの対処法も教えていただきました。
簡単にいうと極陽、極陰を避けることがポイント。
穀菜食をきちんと続けると、中庸に近づいていくわけです。
私も、大学病院の治療の直後は、陰性に偏っていた体質が
中庸に近づいてきているものがあるのを確認でき、励みにもなり、収穫の多いセミナーでした。

知り合いの方から、愛猫さんが旅立ったという連絡をもらいました。
先天的な問題を抱えながらも、健気にがんばり、潔い最期だったようです。
猫さんというのは、本当に自分の旅立ちのタイミングなど、しっかりと見極めているようです。
尊い存在ですね。
猫さんのご冥福をお祈りします。

お引っ越しのごあいさつ

楽天ブログから、お引っ越ししてきました。

心と体にやさしいホリスティックケアを提案しています。

フラワーレメディ、マッサージ、ホメオパシー、手作り食などなど、動物のからだだけでなく、心にもやさしいケアを取り入れることで、飼い主さんの生活も健やかなものになると思います。

私自身が昨年は、体調を崩してしまいましたが、大学病院での治療とホリスティックケアを併用したことで、無事に治療を乗り切ることができました。
身を持って、ホリスティックケアの大切さ、意味を再認識できました。

少しずつでも、ホリスティックケアの役割などをお伝えしたいと思います。

また、茅ヶ崎市内の猫の保護活動のお手伝いも始めました。
Chigasaki Cat’s Protect

Aroma Spece Nico ペットのためのホリスティックケア講座講師
チロとサクラのクリニック 非常勤
「てづくり猫ごはん」監修
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ホリスティックケアへ
にほんブログ村
プロフィール

AnimalHarmony

Author:AnimalHarmony
心と体に優しいホリスティックケアを紹介している獣医師の古山範子です。
茅ヶ崎での猫の保護活動、Chigasaki Cat’s Protectのお手伝いなど、猫中心の生活です。

チロとサクラのクリニック 非常勤
Aroma Space Nico ペットのためのホリスティックケア講座 講師
「てづくり猫ごはん」監修

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR