自然治癒力

16日にホモトキシコロジーのセミナーが都内で開かれ、少々、久しぶりとなりましたが、出席。
いつもながら、発表される症例に感激し、先生方の知識と診療に臨む姿勢に頭が下がる思いでした。

そして、自然療法に携わっていていつも思うことが、
医療者や薬剤が病気を治しているのではなく、患者さんの治る力を後押ししているということ。
実際には、現代医療でもいえることだと思うんですが、自然療法に携わっている先生方からは
そういった姿勢が強く感じられます。

辛い症状を軽減するために役立つ療法は多くあるはず。
ただ、副作用があったり、使いすぎることにより、自然治癒力の妨げになることも。

私自身、半年間の病気治療で納得して、その治療に臨むことの大切さが身にしみましたよ。
医療者との信頼関係も、とても大切。
大学病院の担当医から治療の説明を受けたときに、
「しっかりと納得してもらったうえで、治療を始めましょう」
治療中の
「患者さんに合わせたオーダーメイドで治療を進めますよ」
こんな言葉に安堵し、信頼感は深まりました。
安心して治療に臨めることで、本来持っている自然治癒力が高まると思うのです。

自然療法では、飼い主さんの協力が不可欠。
手作り食やマッサージなどの自宅でのケアが大きく役立ちますし、
治療に対する反応などの観察力も重要となります。
患者さんである動物がもっとも信頼している飼い主さんが治療法を納得し、
医療者との信頼関係が築けていることで、動物の精神面も安定することと思います。

動物と飼い主さん、そして獣医師との関係はとても重要ですね。
場合によっては、治すことがすべてではないと思うので、
動物と飼い主さんに寄り添い、穏やかな時間のお手伝いをすることも大切。

自然療法のセミナーに参加すると、懐が広く、穏やかで安定した先生方が多くいらしているため、
場が整っていて、その場にいるだけで、私自身の微妙な歪みをチューニングしてもらえたようでした。
スポンサーサイト

保護猫の幸せ報告

DSC_0052_convert_20130610120433.jpg
猫の保護活動のボランティアを始め、対応が遅れたことで悲しい別れにつながったこともあったし、
他人から厳しい言葉を投げられたこともあった。
そんな中でも、喜びとなるのが、保護した猫が少しずつ心を開いてくれること、
さらに新しい家族が見つかり、幸せ報告をいただけること。

初めて、一時預かりをした猫は、厳しい環境にいたようでかなり臆病になっていた。
保護されて安心できたのか、みるみる彼らしさを発揮し、とてもユーモアのある、
どっしりとした立派な猫になってくれた。
茅ケ崎猫保護団体、CCPのほうで卒業猫たちの幸せ報告しています。
CCP卒業猫たちのその後・・はっぴーらいふ♪

幸せそうな様子を垣間見て、うれしくて涙が出てきちゃいます。
友人、知人のお宅にお譲りした猫たちも、変わらず元気で穏やかに幸せな様子で、
心から保護活動をしていて、良かったと思います。

いま、保護しているみずきも、かなり臆病な性格ではあるものの、
ずいぶん、心を開いてくれ、すりすりごろごろ、甘えてくれています。
外で怖い経験、寂しい思いをした子ほど、安心を得ると甘えん坊に変身するようです。

今週末のCCPの里親会にも参加する予定です。
6月15日(土)11時から16時半
会場】
茅ヶ崎駅北口 長谷川書店の入ったビルの隣のビルです。
1Fがカレー屋さんのビルですよ。
エレベーターで5Fまで登っていただいて
その後は階段で6Fまで登れば会場です♪

〒253-0044
神奈川県茅ヶ崎市新栄町1-1YAMAJIビル6F

よろしくお願いします。


にほんブログ村
プロフィール

AnimalHarmony

Author:AnimalHarmony
心と体に優しいホリスティックケアを紹介している獣医師の古山範子です。
茅ヶ崎での猫の保護活動、Chigasaki Cat’s Protectのお手伝いなど、猫中心の生活です。

チロとサクラのクリニック 非常勤
Aroma Space Nico ペットのためのホリスティックケア講座 講師
「てづくり猫ごはん」監修

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR