FC2ブログ

バッチフラワーレメディ体験会 2回目

曇り空の過ごしやすい気候
月に一回出向いているドッグフォレスト湘南さんにて、2回目のバッチフラワレメディ体験会を開催。
前回に引き続き、ご参加をいただきました。
バッチフラワレメディの効果を実感できた方もいらして、
そんな体験をシェアしていただきながら、
今の状況に合わせてそれぞれにブレンドしましたよ。

正直、バッチフラワレメディだけで全ての改善は難しいこともあり、
しつけや飼い主さんの対策なども必要なことがあると感じています。
口で言うのは簡単ですが、実践はなかなか難しいところですね。
少しでもお役に立てるようにと考えています。

次回は6月25日11時からバッチフラワーレメディ体験会
14時からプチ手作り食教室を開催
今日、バッチフラワーレメディ体験に参加してくださった方たちと食の話にもなりました。
食を変えることが心の安定に繋がると感じています。

さらに今後の予定
6月15日(金)11時から13時
犬と猫のための食とハーブ
会場BlueSea

6月22日(金)11時から12時
五行説お話会
スポンサーサイト



第5回 わんにゃんマルシェ

1週間以上経ってしまいましたが、チャリティイベント、第5回わんにゃんマルシェを無事に開催することができました!
私も実行委員として、関わらせてもらっています。
風が強くて出店者さんは、対応が大変だったこととは思いますが、屋外での開催となって3回目、
ずっと晴れに恵まれています。
実行委員や出店者さん、ボランティア団体さん方の気持ちが乗っているんですね、きっと!

わんにゃんマルシェ 520_convert_20180528200515
画像を撮ることをうっかりとし、他の方の画像をお借りしました(^^;

美味しい楽しいブースが40店舗を超え、保護団体さんの譲渡会も開催。
わんちゃん連れの方も多く来場。
ボランティア団体出身のわんちゃんも来場していて、
あちらこちらで久しぶりの再会を喜ぶ声が上がっていました。
本部で受付を担当していたところ、保護団体のブースを尋ねられることが多く、
関心の高さがうかがえました。

今回はゆるキャラの来場、サロンカーの出店、
介助犬体験など、盛りだくさん。

お友達や患者さんも足を運んでくれた方がいらして、
差し入れをいただいたりと恐縮でした。

毎回、とても和やかにイベントが進みます。
これも協賛者さんのご支援、出店者さん、ボランティア団体さんに恵まれてのことと感謝いたします。
そして、実行委員のチームワ-クの良さもあってのことと自負しています。
まだまだ至らない点もあることとは思いますが、反省点を次回につなげたく思っております。

出店売り上げの一部は神奈川県動物保護センター建設基金に寄付いたします。
わんにゃんマルシェは、
保護犬保護猫の幸せを願って人と動物が幸せに暮らせる社会の実現をテーマにした
チャリティイベントです。
今後も年に1回の開催を予定しています。
引き続き、よろしくお願いいたします。

プチ手作り食教室 in 鎌倉ねこの間

今日は新緑の眩しい鎌倉に出向き、保護猫カフェ鎌倉ねこの間さんにて、プチ手作り食教室を開催。

鎌倉の静かな住宅街の中にあり、天然木と珪藻土の内装で空間としても、とても心地よいのです。
ここで過ごせる保護猫さんたちも、幸せですね。

2時間の教室と30分の猫さんとの寛ぎタイムも含め、2時間半の貸し切り。
贅沢に使わせていただきました。

今日、ご参加のお宅では、ドライフードが主体のお宅が多かったので、
食材を取り入れていくことの難しさは多少、あるかもしれません。
比較的、若い子たちの反応の良さは期待できます!
その証拠に持参した食材、猫さんたちにとても好評でした。

鎌倉ねこの間2_convert_20180520000450

ちょっと失礼して、テーブルの上の食材を拝借中(笑)
教育係のしまくん(2歳)、舌なめずりです。

写真には収められなかったのですが、シャイなランちゃんも香りに誘われて、
姿を見せてくれ、美味しそうに食べてくれました。
カフェ常連の方々も、その様子には感心されていたご様子。

正直、年齢とともに食事の切り替えが難しくなることが多いです。
とはいえ、諦める必要はなく、私自身、実家の猫や保護猫たちも高齢になってから、
切り替えた経験があります。
ちょっとした工夫や根気が必要かもしれません。
ただ、その子の食のスイッチを知っておくと、体調を崩して食が細くなったときにも、
役立つので今の内から、そのスイッチを見つけておくことも大切かと思います。

鎌倉ねこの間1_convert_20180520001125

こちらは、店長のまるさん、御年12歳。
初めての食材だそうなのですが、美味しそうに食べてくれました。

今回のプチ手作り食の提案は、総合栄養食と併用ですので、
大きなバランスを崩す心配もなく、取り入れていただきやすいことと思います。

手作り食は、決して甘やかすためや贅沢をさせるためのものではなく、
猫本来の食に近づけるものと考えています。

食は毎日のことですので、お互いに無理なく取り入れていくことが大切ですね。

飼い主さんと動物さんの心からの健やかな日々を祈って

今後の予定
5月28日(月) 11時~12時
バッチフラワー体験会
5月28日(月) 14時から16時 
愛犬のためのプチ手作り食教室
ドッグフォレスト湘南

6月15日(金) 11時~13時
犬と猫のための食とハーブ
BlueSea
詳細は、改めてお知らせ致します。

患者さんのメリット重視

こんにちは

季節外れの肌寒さ。
体調を崩されていないでしょうか。

手作り食や自然療法に携わっている私ですが、
一般の動物病院に診療補助として勤務することもあります。
そして、愛猫ポンには今年に入ってから、化学療法を取り入れています。

患者さんの負担のないよう、メリットを重視して治療を選択することが理想。
実際に専門家に相談し、自然療法でサポートしながら、ポンは良い経過を維持。
この4か月、副作用も少なく、日々、ご機嫌で過ごしていますよ~。

多くのことがそうであるように、化学療法も自然療法も、
誰がどのように使うかがとても大切だと考えています。
そして、飼い主さんからの励ましも、とても大きな力となるんです。

自宅での飼い主さんからのケアは双方にとても役に立つものですので、
ぜひ、かかりつけの獣医師と相談しながら、食やマッサージなど取り入れていただけると良いですね。
そのお手伝いができましたら、幸いです。

動物病院に出向いて、手作り食の教室なども行っています。
今現在は、神奈川、東京、埼玉、千葉に限定しております。
かかりつけの獣医師に把握してもらっているので、お互いに安心して実践していくことができますね。

猫のマッサージ教室 in ミャゴラーレさん

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしだったでしょう?
私は特に5月に入ってからは、慌ただしく過ごしておりました。
猫飼いとしては、一緒にお出かけというわけにもいかず、猫たちに寂しい思いをさせてしまったと
反省しています。
明日から、夫も含め、家族孝行にいそしみたいと思っています!

さて、昨日は保護猫カフェ ミャゴラーレさんにて、「猫のマッサージ教室」を開催。

かわいい保護猫ちゃんに協力してもらい、ゆるゆるとお伝えいたしました。
早めに到着して、モデルは誰にお願いしようかと、触れ合いながら相談したのですが、
なんと教室が始まると私の膝に乗り、モデルに立候補してくれたのは、花ちゃんでした!
31919558_924592764369084_6287543989167980544_n_convert_20180506212300.jpg

確かに若い猫さんが多いなか、6歳になる花ちゃんはマッサージが必要なおとしごろかもです!

マッサージを始める前の注意点、
マッサージの利点などをお伝えした後に
花ちゃん協力のもと、マッサージ方法をお伝え。
お顔のマッサージ、さっそく、気にいってくれてこんなに良いお顔をしてくれていました。
31542659_924592804369080_5837538133599584256_n_convert_20180506212843.jpg

お顔から首、肩、背中など、ポイントとなるツボも簡単にご紹介。
さて、この辺りで花ちゃんは、今日はもういいわ~と離れて行ってしまいました。
教室なので、すこし長くお付き合いをしてもらいましたが、本当は無理は禁物です。
猫さんは、その辺り、上手に意思表示をしてくれるので、それを尊重します。

マッサージ中の写真はないのですが、モデルはトマトちゃんに交代。
四肢とお腹のマッサージのモデルになってもらいました。
トマトちゃん_convert_20180506214122
スタッフ猫さん、トマトちゃんの定位置という印象です。

年齢の割に体が固いかも・・とのことでトラちゃんも登場
31900685_924592871035740_7753326897483743232_n_convert_20180506214442.jpg
緊張しやすいトラちゃん、確かに他の猫さんより硬めではありましたが、
少しずつのマッサージで、緩んでいくことが期待できます。
苦手なところを触るときには、片手はお気に入りの場所から手を離さないでくださいね~の図です。
左手で押さえつけているのではなく、マッサージを続けています。

何度もお伝えしていたことが、無理をしないでくださいね、です。
ご自宅でマッサージをする、お相手は毎日一緒に暮らしている猫さんですから、
一度に全身できなくても、少しずつ、続けてあげることができますね。
マッサージを気にいってくれると、猫さんの方からおねだりも期待できます。
逆に無理をすると、触られること自体も嫌がるようになりかねませんからね。
力加減なども、猫さんの反応を見ながら、調整します。

参加された方たちから、お家の猫さんの体調のお悩みも簡単にお聞きできたので、
それぞれにマッサージのポイントをお伝えし、
さらに少しだけ食のお話もさせてもらいました。

猫さんが体調を崩したときに、病院での治療はもちろん大切ですが、
それだけに頼らずに、飼い主さん自身でマッサージや食など、ご自宅でできることがあると、
猫さんにも、飼い主さんにも大きな力となることと実感しています。

食の話となると、どんどん話が広がるので、
リクエストをいただき、次回は手作り食のお話をさせていただく予定です。

昨日、参加してくださったみなさん、ありがとうございました。
かなりゆるっとお伝えしましたが、ぜひ、日々のケアに役立てていただきましたら幸いです。

猫さんたちに癒されながら、参加していただき、
猫さんたちの支援にもなります。

今後の予定

5月19日(土) 11時~13時
猫のためのプチ手作りゴハン教室
保護猫カフェ鎌倉ねこの間さん

5月28日(月) 11時~12時
バッチフラワー体験会
5月28日(月) 14時から16時 
愛犬のためのプチ手作り食教室
ドッグフォレスト湘南
プロフィール

AnimalHarmony

Author:AnimalHarmony
心と体に優しいホリスティックケアを紹介している獣医師の古山範子です。
茅ヶ崎での猫の保護活動、Chigasaki Cat’s Protectのお手伝いなど、猫中心の生活です。

チロとサクラのクリニック 非常勤
Aroma Space Nico ペットのためのホリスティックケア講座 講師
「てづくり猫ごはん」監修
はごろもフーズペットケアユニット アドバイザー
日本獣医ホメオパシー学会認定獣医師
国際薬膳師

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR