避妊と去勢(犬)

ワクチンと並んで多くの方が悩まれているのが、避妊と去勢についてではないでしょうか。

まずは、犬の避妊・去勢手術のメリットとデメリットを考えてみましょう。

メリット
1.当然のこととして、発情がなくなります。
 安心して散歩やドッグランなども楽しめますね。
 精神的にも、発情期は大きな影響をもたらします。
 異性を求めていらだっていることもあるでしょう。
 ときに飼い主さんとの生活にも影響があるかもしれません。
 いつもより落ち着きがない、攻撃的になるなど。
 避妊・去勢手術は、日々を穏やかに過ごすためのひとつの方法だとも思います。 

2.避妊手術では、卵巣と子宮を、去勢手術では睾丸を切除するので、
 それらの病気にかかることがなくなります。
 高齢になって増える腫瘍、子宮蓄膿症、前立腺肥大などの病気が防げます。
 また、乳腺腫瘍に関しては、1回目の発情の来る前に避妊手術をすると、
 乳腺腫瘍にかかるリスクが激減(1%未満)します。
 2回目と3回目の間では8%、避妊手術を受けていないメスでは26%になります。


 予防のために手術を受けることには、少しの疑問を持つ方も多いかもしれません。
 病気になったときに手術を考えれば、よいのでは?ということもいえますね。
 ただ、乳腺腫瘍の45%が悪性なので、そのリスクも合わせて考えたいですし、
 これらの病気が発生するのは、高齢期を迎えてからが多くなり、
 負担が大きくなることもあります。
 日頃のケアで、病気にさせないこと、早期発見することがとても重要になりますね。


 また、睾丸が陰嚢内に落ちていない停留睾丸では、睾丸の悪性腫瘍のリスクが高いので、
 この場合は去勢手術を受けることを強く勧めます。

デメリット
1.麻酔のリスク
 手術時には、全身麻酔をかけることになります。
 確立として多いものではありませんが、麻酔事故がないとは言い切れません。
 麻酔に関して、担当獣医師の説明を受けて、納得して受けましょう。

2.皮膚、被毛の変化
 こちらもまれなことですが、ホルモンのバランスが変わり、
 皮膚・毛質などが変わることがあります。
 皮膚が柔らかくなり、毛が薄く軟らかくなることがありますが、
 特別な治療を必要としないことが多いです。

 
3.排尿の変化
 性ホルモンは尿道の筋肉の働きに重要な働きをもっています。
 メスが高齢になってきたときに、くつろいていたり、眠っているときに尿が漏れることがあります。

これらのメリット、デメリットを考え合わせて、ご家族の中でよく話し合って、手術を決めることが大切ですね。
大切な家族の一員のために、よく考えて決めた結果が一番だと思います。
  
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

AnimalHarmony

Author:AnimalHarmony
心と体に優しいホリスティックケアを紹介している獣医師の古山範子です。
茅ヶ崎での猫の保護活動、Chigasaki Cat’s Protectのお手伝いなど、猫中心の生活です。

チロとサクラのクリニック 非常勤
Aroma Space Nico ペットのためのホリスティックケア講座 講師
「てづくり猫ごはん」監修

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR