避妊と去勢(猫)

今回は、猫の避妊・去勢手術に関して。
発情が始まると、メスの場合、発情期特有の鳴き声などから、
オスの場合、スプレーや攻撃性が一緒に生活する上で、問題となり、手術に踏み切るおうちも多いことでしょう。
また、交尾排卵である猫は交尾をすると、確実に妊娠にします。
望まない出産をなくすためにも、避妊・去勢手術が必要になりますね。

犬の避妊・去勢手術の話でもあげたメリットに関しては、共通するものです。

メリット
当然のこととして、発情がなくなります。
 精神的にも、発情期は大きな影響をもたらします。
 異性を求めていらだっていることもあるでしょう。
 ときに飼い主さんとの生活にも影響があるかもしれません。
 いつもより落ち着きがない、攻撃的になるなど。
 避妊・去勢手術は、日々を穏やかに過ごすためのひとつの方法だとも思います。 

避妊手術では、卵巣と子宮を、去勢手術では睾丸を切除するので、
 それらの病気にかかることがなくなります。
 高齢になって増える腫瘍、子宮蓄膿症、前立腺肥大などの病気が防げます。
 
 予防のために手術を受けることには、少しの疑問を持つ方も多いかもしれません。
 病気になったときに手術を考えれば、よいのでは?ということもいえますね。
 また、猫の乳腺腫瘍に関しては、犬に比べて発生率は少ないですが、
 悪性腫瘍の確立はかなり高いです。 、
 これらの病気が発生するのは、高齢期を迎えてからが多くなり、
 負担が大きくなることもあります。
 日頃のケアで、病気にさせないこと、早期発見することがとても重要になりますね。


デメリット
 麻酔のリスク
 手術時には、全身麻酔をかけることになります。
 確立として多いものではありませんが、麻酔事故がないとは言い切れません。
 麻酔に関して、担当獣医師の説明を受けて、納得して受けましょう。

発情期の行動から、室内で飼育されている猫が手術を受けていることは多いと思います。

その手術を受けさせるタイミングも大切になりますね。

次にそのお話をしたいと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

AnimalHarmony

Author:AnimalHarmony
心と体に優しいホリスティックケアを紹介している獣医師の古山範子です。
茅ヶ崎での猫の保護活動、Chigasaki Cat’s Protectのお手伝いなど、猫中心の生活です。

チロとサクラのクリニック 非常勤
Aroma Space Nico ペットのためのホリスティックケア講座 講師
「てづくり猫ごはん」監修

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR