生食医学セミナー

今日、生食医学セミナーを受講。
体質の陰陽、症状の陰陽のお話。
説得力のある先生のお話にうなずきっぱなしでした・・。
たとえば・・冷えは一般的に陰性の症状ですが、
陽性が強すぎて血管が収縮し、循環が悪いことで冷えていることもあるようです。
冷えがあるから、陰性だと思いこんで、玄米食を続けてしまい、
陽性に偏ってしまう方がいるんだそう。

他にも、陽性体質でありながら、陰性の症状を持っている場合、
陰性の体質でありながら、陽性の症状を持っている場合などの対処法も教えていただきました。
簡単にいうと極陽、極陰を避けることがポイント。
穀菜食をきちんと続けると、中庸に近づいていくわけです。
私も、大学病院の治療の直後は、陰性に偏っていた体質が
中庸に近づいてきているものがあるのを確認でき、励みにもなり、収穫の多いセミナーでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

AnimalHarmony

Author:AnimalHarmony
心と体に優しいホリスティックケアを紹介している獣医師の古山範子です。
茅ヶ崎での猫の保護活動、Chigasaki Cat’s Protectのお手伝いなど、猫中心の生活です。

チロとサクラのクリニック 非常勤
Aroma Space Nico ペットのためのホリスティックケア講座 講師
「てづくり猫ごはん」監修

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR