アニマルホリスティックケアセラピスト養成講座

アニマルホリスティックケアセラピスト養成講座の講師を務めてきました。
この講座を受講せれているのは、多くが愛犬家ですので、今日は犬のお話が主体。
今回、私が担当したのは、解剖生理学というタイトルなのですが、犬種特有の病気などについても、お話させてもらっています。

そして、いつも受講生の方たちが関心を持たれているのが、ワクチンについて。
獣医師により、それぞれの考え方があると思います。
生まれた年と翌年の追加接種をした後は、3年に1回でも抗体は十分に上がっているという、世界的な発表を受け、私は3年に1回のワクチンを推奨しています。
ただ、日本のワクチンメーカーは、1年に1回の追加接種を推奨しているため、
現場の臨床獣医師はそれに従わざるを得ないのも、仕方のないところかもしれません。

ワクチンの負担を軽減するために、1回に摂取するワクチンの種類を減らすことは可能かと思います。
犬の場合、成犬になって恐いウィルス感染症は、パルボウィルス、ジステンパー、伝染性肝炎の3つです。
生活スタイルにもよりますが、8種も9種も必要ないことが多いと思うのです。

また、ワクチンをいきなり3年に1度に減らすことには、不安もあるかもしれません。
その時には、抗体検査をお勧めします。
血液を検査センターに送ることで、抗体価を測ることが可能です。

直接的なワクチンの害というのは、アレルギーなどを起こさない限り、目に見えにくいですが、
肝臓や免疫に負担がかかっていることは、想像できます。

心配や不安があるのでしたら、かかりつけの獣医師と相談して、毎年のワクチン接種を検討してみてはいかがでしょう?

1、1度に摂取するワクチンの種類を減らす。
2、3種のウィルスの抗体価を測ってみる。
3、3年に1度のワクチンを検討してみる。

猫の場合でも、同じことが言えますね。
室内飼育の猫さんが成猫になってから恐いのは、パルボウィルスです。
ただ、パルボ単味のワクチンはないと思うので、伝染性鼻気管炎、カリシウィルスなどの3種のワクチンが一般的だと思います。

それぞれの生活スタイルや、環境、動物病院の考え方によると思いますが、納得のいく方法で、愛犬の負担を軽減できると良いと思います。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ホリスティックケアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

AnimalHarmony

Author:AnimalHarmony
心と体に優しいホリスティックケアを紹介している獣医師の古山範子です。
茅ヶ崎での猫の保護活動、Chigasaki Cat’s Protectのお手伝いなど、猫中心の生活です。

チロとサクラのクリニック 非常勤
Aroma Space Nico ペットのためのホリスティックケア講座 講師
「てづくり猫ごはん」監修

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR