レスキューレメディ

38種類あるバッチフラワーレメディの中から、インパチエンス、クレマチス、チェリープラム、スターオブベツレヘム、ロックローズという5種類をブレンドしたものがレスキューレメディです。
ショックを受けたとき、パニックに陥ったときなどに、気持ちを静めて、冷静さを取り戻すことに役立ちます。

動物には、一番、使う場面があるのがレスキューレメディでしょう。
例えば、病院が苦手な子、雷や花火などの大きな音が苦手な子などなど、パニックを起こしやすい子には、とても役立つレメディです。
苦手な行事が分かっているときには、数日前から、レメディを使い始めます。
すでに、パニックを起こしている場合で、口からレメディを摂ることが難しい場合には、

レメディを口、鼻、耳などのそばにすりこんで使うことも出来ます。

病院に行く前後には、必ず使うようにしています。
雷恐怖症の子に使ったときも、いつもより落ち着いてやり過ごすことが出来ました。
私自身も常に持ち歩き、緊張する場面や、気持ちが動揺したときなどに摂るようにしています。

興味のある方は、まずはレスキューレメディから試されてはいかがでしょう?

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

AnimalHarmony

Author:AnimalHarmony
心と体に優しいホリスティックケアを紹介している獣医師の古山範子です。
茅ヶ崎での猫の保護活動、Chigasaki Cat’s Protectのお手伝いなど、猫中心の生活です。

チロとサクラのクリニック 非常勤
Aroma Space Nico ペットのためのホリスティックケア講座 講師
「てづくり猫ごはん」監修

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR