動物に適した食事

講座などで手作り食の紹介をするときに、お伝えしていること。

私たち人間と比較して、犬も猫も動物性たんぱく質を多く必要とします。
それは、身体の構造からも明らかです。

歯の数、形は、その動物の食性を表しています。
門歯:植物を引きちぎる
犬歯:肉を引きちぎる
臼歯:穀物をすりつぶす
人間はこの歯の数の割合に応じて、野菜、肉と魚、穀物のバランスをとると良いと言われます。

それぞれの歯の形も大切で、私たち人間は、
穀物を咀嚼するために臼歯(奥歯)の形が平らになっています。
さらには、唾液に炭水化物を消化するアミラーゼが含まれています。

一方、犬も猫もその臼歯の数は多いものの、尖っていて、唾液に消化酵素は含まれていません。
特に猫の臼歯は小さく、犬歯の延長と言ってもよいほど。
犬も猫も歯は肉を食いちぎるためのもので、あとは丸呑みなんですね。

次に腸の長さ。
私たち、人間は胴の長さの12倍の腸を持っています。
欧米人に比べ、アジア系の人は胴が長いので、特に穀物、野菜の消化に適しているはず。
身体に合わないものを食べていると、身体に不調が出ることにも・・。

猫は胴の長さの4倍の腸、犬は6倍と人間と比較すると、かなり短いのです。
これは肉食向きである証拠。

ちなみに、草食動物の牛は20倍と長い上に、大きな胃をもっています。
繊維質の消化は大変であり、微生物による協力も大きいんですよね。

となると、犬と猫に総合栄養食であるドライフードって、どうなのかしら?と疑問が出てきます。
ドライフードの原材料を確認してみると、トウモロコシや小麦などの穀物、ビートパルプなどの繊維質が多く含まれ、動物性たんぱく質が少ないことが多いのです。

本当の意味でのバランスの取れた食事にするためには、
フード選びも大切ですし、動物性蛋白質と水分を追加して取る必要がありそうです!!

重ねての紹介になりますが、まずはフードを主体に、食材をトッピングした、
プチ手作り食がおススメです。
バランスもとれて、お手軽ですからね。

トッピングごはん 実践Book
チロとサクラのクリニック 渡辺由香院長が監修を務めたこの本、とても参考になると思いますよ!!


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

AnimalHarmony

Author:AnimalHarmony
心と体に優しいホリスティックケアを紹介している獣医師の古山範子です。
茅ヶ崎での猫の保護活動、Chigasaki Cat’s Protectのお手伝いなど、猫中心の生活です。

チロとサクラのクリニック 非常勤
Aroma Space Nico ペットのためのホリスティックケア講座 講師
「てづくり猫ごはん」監修

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR