空腹は一番のごちそう!?

このところ、天候が不安定な日が続いていました。
人も動物も、体調を崩しやすいときかもしれませんね。
私自身も、夕方から夜にかけてイマイチすっきりしない日が続いていました(^^;
今日は久しぶりにすっきりと良い天気で、主婦としては家事なども進みます!

さて、手作りごはん教室で飼い主さんの食材への受け入れが難しいというお悩みを聞く機会が多いのですが、
我が家の猫たちに関しては、不思議なくらい受け入れが良いので、何が違うのかと考えています。
若い頃に手作り食に切り替えた子はもちろんですが、
大人になってから家に迎えた猫たちも、みんな完全手作り食に切り替えることが出来ています。
ひとつ、多頭飼育であることも良いと思うんです。
みんなが美味しそうに食べている姿を見て、
チャレンジする気持ちになる。
躊躇している間に、他の子に食べられちゃうかもしれないので(笑)

そもそも、多頭飼育に向いている猫たちなので、
新しいものの受け入れが良い、こだわりが少ないのも良いのかも。

そしてさらに気づいたこととして、手作り食だと消化が良いので
食事時間にちゃんとお腹が空いていることも大きいかと。
人の食事もそうですが、食事の時間がきたから食べるということが多いと思います。
単に出されたもの、用意したものを食べる・・
飽食の時代、食べ過ぎる傾向があると、時間が来てもお腹が空かないまま、
また食べ物をお腹に入れることに。
私も最近は腹八分目を心がけて、毎食食べ過ぎないように気をつけています。

動物にとって、ドライフードは腹持ちが良いはずなので、
出されたから食べるという習慣になっている子もいるかもしれません。
すると、知らず知らずに食べ過ぎていることも。
ですので、手作り食のスタートでは、ドライフードを減らして食材をトッピングすることからお勧めしています。

空腹は一番のごちそうなんて言いますよね。
食欲の秋を迎えていますが、美味しくいただくためにも、
食べ過ぎには気をつけて健康を心がけたいものですね。

ご注意:猫ちゃんの場合、急な絶食により体調を崩すことがありますので、無理はしないようにお気を付けくださいね。

P1010614 食事中_convert_20150701105217
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

AnimalHarmony

Author:AnimalHarmony
心と体に優しいホリスティックケアを紹介している獣医師の古山範子です。
茅ヶ崎での猫の保護活動、Chigasaki Cat’s Protectのお手伝いなど、猫中心の生活です。

チロとサクラのクリニック 非常勤
Aroma Space Nico ペットのためのホリスティックケア講座 講師
「てづくり猫ごはん」監修

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR