実践が一番!?

先日、お友達の獣医さんから、ホリスティックケアの中で何から勉強を始めたのか、質問をされました。
思い返すと・・夫の実家の愛犬のために使ったのがバッチフラワーレメディ。
これは、我が家に新たな猫を招くときには、もちろん、保護猫ボランティアさんにも
お勧めして使ってもらっています。
使う動物たちのことをしっかりと理解できていると、上手く作用してくれますね。
もちろん、ご相談で処方することもありますし、自分たちにも使うことがあります。
穏やかに心に働きかけてくれるので、安心です。

次がアロマテラピー。
アロマの勉強をされる方は、多くいらっしゃることと思います。
ただ、猫との暮らしになってからは、当然、使う場面がなくなり、
車の中や外で時折使うくらいになってしまいました。
自宅では、フラワーウォーターが役に立っています。

アロマの先生からご紹介いただいたのがマッサージ。
これは、多くの場面で役に立っています。
そのときに東洋医学に触れることも出来、
陰陽五行説などの考えは、アジア人としてしっくりとくるし、
その時に覚えた主要なツボはマッサージでも温灸でもとても役に立ちます。

ホメオパシーは、その後でした。
多くの方がそうであるように、最初は理解に苦しみましたし、
使うことには抵抗があったのが事実です。
ただ、試しに自分に摂ってみたものが、とても良く効いてくれて、
これは動物たちにも良いに違いないと目の前が明るくなったものです。

手作り食に取り掛かったのは、実は一番最後。
毎日、続けることは大変そうだし、栄養バランスを取ることは難しそう。
これも、きっと多くの方が抱える不安点だと思います。
食事は毎日のことですからね。
ただ、手作り食を毎日、続けなくてはいけないわけではありませんので、
時間と食材のゆとりのあるときに、取り入れる。
まずは、いつものフード主体でご家族の食材のお裾分けからで十分。
負担のないことが、細々とでも長く続ける事につながりますね。
繰り返しますが、毎日のことですから(*^^*)
始めてみると、思いのほか、猫が喜んでくれたので、
それが大きな原動力となりました。
DSC_0695+4ニャンコ_convert_20151123173921

私は、決して料理は得意ではないですし、マメでもないです。(^^;
ただ無理なく続けることで、自然治癒力も高くなるようにも感じています。

始める前は、頭で色々と考えてしまい、困難や不安を抱えることもありますよね。
考えるだけではなく、思い切って初めてみると、その良さを実感できるかもしれませんよ~。

大切な動物家族への食のお話をしています。
湘南Tサイト内のファーメントにて、「犬と猫の手作りごはん教室」を開催します。
まだ、お席のゆとりがありますので、興味を持っていただけたら、うれしく思います。
下記のサイトをご覧くださいね。
「犬と猫の手作りごはん教室」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

AnimalHarmony

Author:AnimalHarmony
心と体に優しいホリスティックケアを紹介している獣医師の古山範子です。
茅ヶ崎での猫の保護活動、Chigasaki Cat’s Protectのお手伝いなど、猫中心の生活です。

チロとサクラのクリニック 非常勤
Aroma Space Nico ペットのためのホリスティックケア講座 講師
「てづくり猫ごはん」監修

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR