旅立ち

急激に春が近づいてきた感がありますね。
季節の変わり目、デトックスの時期でもあります。

愛猫も無事に旅立ちました。
最期は眠ったままの穏やかな旅立ちだったようです。
最期の2日間は私も一緒にいる時間を長く取ることが出来、
やはりベストタイミングだったんですね。
穏やかな旅立ちだったよう・・という推測になっているのは、
肝心な旅立ちのタイミングに私は自分の体調不良で病院に行っていたため。
ただ、それが彼女の選択だったのだと思います。

高齢な動物が慢性疾患を抱え、食欲低下した場合、
無理に食事を与えることはお勧めしていません。
食べ物を処理することでも、体力を消耗することもあるからです。
(若い子の急性疾患の場合には、強制給餌も必要です)
食欲が落ちたときには、体を休める必要があると考えみてはいかがでしょう。
消化しやすいもの、口当たりの良いものが良いですね。
日ごろから手作り食を取り入れていると、好みが分かっていますから、
食材も調理の工夫もしやすいかと思います。
ターミナル期に入り、自然療法主体となると、穏やかな旅立ちを迎えることにもつながります。

お別れは何度経験しても、悲しく寂しいものですが、
虹の橋の向こうの苦痛のない世界。
その旅立ちへのサポートが今度は何にも代えがたい自信につながることでしょう。
天国からの心強い味方の存在は絶大ですから。

DSC_0893 みずき_convert_20160308105058
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

AnimalHarmony

Author:AnimalHarmony
心と体に優しいホリスティックケアを紹介している獣医師の古山範子です。
茅ヶ崎での猫の保護活動、Chigasaki Cat’s Protectのお手伝いなど、猫中心の生活です。

チロとサクラのクリニック 非常勤
Aroma Space Nico ペットのためのホリスティックケア講座 講師
「てづくり猫ごはん」監修

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR