ペットフードの規制

「ペットフードの安全性を確保しようと政府が検討している製造、販売業者などに対する規制法案の概要が20日、分かった。使ってはならない原料を定めたり、有害物質を含む製品の製造、販売、輸入を禁じたりすることなどを柱とし、違反者には1年以下の懲役か100万円以下の罰金、または両方を科す。法人に対しては最高1億円の罰金とする。」

ニュースからの抜粋です。
さらに詳しくは、こちらから
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2xxx-xxx-xxxxx141-san-soci

人の食に関して、不安が多いいま、動物たちの食については、なおのことですね。
いままで、直接、ペットフードを規制するものが日本にはなかったのですから。
ペットフード工業会など、団体の中で「品質・安全性に関するガイドライン」はあっても、
それが守られているか、検査するシステムもなかったでしょうし、
その団体に属していないメーカーもあることでしょう。

私が手作り食をお勧めする理由のひとつに、フードの原材料、添加物などに対する不安がありました。
原材料としての記載は、すべての表示義務があるわけではないのですよね。
10%以上使用している原材料は必ず表示することになっていますが、
逆に10%未満でしたら、表示しなくてもいいことになりますものね。

出来るだけ、新鮮な旬の食材で手作り食を食べてほしいと思いますが、
忙しいとき、こちらの体調のすぐれないときなど、手作り食が難しいときには、
オランダやドイツ、アメリカ(州によって)といったペットフードへの規制の厳しい国のフードを使っています。

この法案により、ペットの食の安全が1日も早く確保されることを期待しましょう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

AnimalHarmony

Author:AnimalHarmony
心と体に優しいホリスティックケアを紹介している獣医師の古山範子です。
茅ヶ崎での猫の保護活動、Chigasaki Cat’s Protectのお手伝いなど、猫中心の生活です。

チロとサクラのクリニック 非常勤
Aroma Space Nico ペットのためのホリスティックケア講座 講師
「てづくり猫ごはん」監修

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR