犬と猫の手作り食の良さ

数日前の真冬の寒さから戻り、ホッとできるお天気ですね。

先週金曜日から月曜日まで、私的にちょっと仕事が立て込んでいて、
チャレンジもありました( ̄^ ̄)ゞ
なんとか乗り切り、反省点があるものの、しっかりと次につなげていきます!!

ネクタイを締めた役職のある方に向けて、猫の食性についてお話したり、
動物医療関係者の方たちに向けて、犬猫の手作り食の始め方についてお話したりと
貴重な時間をいただきました。
どちらも、緊張気味でお伝えしたいことが出し切れなかった感も残りましたが、
次に繋いではいけたかと。

17571856_1398928656848846_1586050487_o_convert_20170329134003.jpg
グリーフケアアドバイザーの阿部美奈子先生にご縁をつないでいただいた、ワラビー動物病院グループでのセミナーの様子

手作り食って一言に言っても、様々な方法があり、
中には自己流になっていることもあるはず。
私が提案している方法が絶対ではないとしても、
その動物さんに合った方法を見つけていただきたいと思っています。
「それぞれの食材には一長一短があるので、バランスを摂っていきましょうね」
いつもお伝えしていることです。

動物医療関係者に手作り食の良さや、バランスの大切さを知っていただくことで、
動物も飼い主さんも、動物関係者もみなが安心して食の話をできるよう、
お手伝いしていきたくも考えています。(^∇^)ノ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

AnimalHarmony

Author:AnimalHarmony
心と体に優しいホリスティックケアを紹介している獣医師の古山範子です。
茅ヶ崎での猫の保護活動、Chigasaki Cat’s Protectのお手伝いなど、猫中心の生活です。

チロとサクラのクリニック 非常勤
Aroma Space Nico ペットのためのホリスティックケア講座 講師
「てづくり猫ごはん」監修

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR