食材のバランス

またまた、寒い雨となりましたね(;_;)
桜が咲き始めたというのに、この寒さ・・。
みなさん、体調を崩しませんように。

さて、いまさらですが手作り食を実践し、提案をしている獣医です。
手作り食と言っても、様々な方法があることと思います。
基本をしっかりと押さえて、その子に合った方法を選んでいただきたいものです。
そう、基本さえ押さえれば、さほど難しいことではないはずですし、
とても良いモノなはずなんです。

ただ、食材のバランスを崩してしまうと体調に影響も及ぼすかもしれません。
肉食動物でも、野菜は必要です。
獲物となった草食動物の内臓から、まず食すそうです。
傷みやすいからということもあるでしょうが、
草食動物がある程度消化したものを食すことで繊維やミネラルを取り入れているのでしょう。
繊維質を取らないでいると、便秘にもなりますし、
野菜からとれるビタミン、カリウムなどのミネラルも重要です。

毎日、同じ食材というお宅もあるようですが、体調や好みを確認しながら、
少しずつでも食材を増やすよう挑戦していきましょう。
食材には、それぞれ一長一短があります。
それぞれでサポートできるよう、数種を組み合わせたり、
ローテーションしていくことも大切ですね。
完全手作り食を続けるには、内臓肉やカルシウムを取り入れ、
ミネラル不足に気をつけましょう。

できないときには、無理をせずにフードに頼りましょう!

かといって、あまり考えすぎなくても、大丈夫。
1週間とか短期間でバランスを崩すことはありませんから。
私自身、数日、カルシウムを入れ忘れたとか、多々、ありますから(笑)。
日ごろ、しっかりと摂っていれば、大丈夫!

毎日、完璧な栄養バランスを取ることは難しいので、
1~2週間など、一定期間でバランスが取れていれば、十分です。

いつもお伝えしていることですが、毎日のこと、がんばり過ぎないことも続けるポイントですね。

DSC_0648_アメリ_convert_20170102225009
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

AnimalHarmony

Author:AnimalHarmony
心と体に優しいホリスティックケアを紹介している獣医師の古山範子です。
茅ヶ崎での猫の保護活動、Chigasaki Cat’s Protectのお手伝いなど、猫中心の生活です。

チロとサクラのクリニック 非常勤
Aroma Space Nico ペットのためのホリスティックケア講座 講師
「てづくり猫ごはん」監修

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR