FC2ブログ

美味しく食べること

もともと、食欲旺盛な我が家の猫たちですが、
体調を崩しているポンをはじめ、年齢とともに食の好みなどにも変化が表れてきました。

食材の選り好みをしないポンが「白身魚はいりません」「内臓肉も無理です」と拒否
「ラム肉を待ってました!」と。
何でも良く食べる子だったので、初めて彼の食の好みを知って、
不謹慎なようですが新鮮な経験でした。

他の猫たちもシニア期に入り、新しい食材への反応が落ちています。
これは猫特有の警戒心と嗅覚の衰えもあるのかなと考えています。
手作り食自体への反応が落ちるようにも感じるので。
猫はドライフードが好きな子が多いですね。
やはり味と香りが強いのでしょう。
それならそれで、食欲アップにとトッピングで使うこともあります。
確実に食べてくれることが大切。

もちろん、手作り食でも舌触りや香りの工夫で食欲アップを図ることもできます。
それはまた別の機会に。

今までにもお伝えしてきましたが、手作り食を続けていると、
猫たちの表現が豊かになり、変化に早く気付けるようになることと思います。
実践されている方から、良く鳴くようになったという声を聞きます。

また、自然治癒力、体力などもつくように感じるのです。
自然療法の反応も良いようです。
我が家のポンは、本当に強いと我が猫ながら、感心しています。

手作り食の提案をいたします。
こちらの会場では、今回が最後の開催になります。
検討されている方、ぜひこの機会にご参加ください。
2月14日(水) 10:15から
犬猫の手作り食教室
調理実習はありませんので、ご了承ください。

ファーメント 冬養生


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

AnimalHarmony

Author:AnimalHarmony
心と体に優しいホリスティックケアを紹介している獣医師の古山範子です。
茅ヶ崎での猫の保護活動、Chigasaki Cat’s Protectのお手伝いなど、猫中心の生活です。

チロとサクラのクリニック 非常勤
Aroma Space Nico ペットのためのホリスティックケア講座 講師
「てづくり猫ごはん」監修
はごろもフーズペットケアユニット アドバイザー
日本獣医ホメオパシー学会認定獣医師
国際薬膳師

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR