ストレスに強い心と体

ストレス社会といわれる現代、動物たちも大きなストレスを抱えています。

でも、ストレスは健康なからだを維持するため、多少は必要なんですよね。
例えば、この最近も気温の変動が激しいですが、
こういう自然環境からのストレスに対応できること、とても大切ですね。
逆にこういう刺激から逃げるために、室内に閉じこもり、冷暖房に頼ってばかりいると、

体温調節機能が怠けてしまい、環境からのストレスに弱くなってしまいます。
あるいは、室内と外との気温の変動が激しくなり、さらに大きなストレスを与えることにも。
先日、久しぶりに読み返した本には、こう書いてありました。
「最近は、抗菌加工を施してあるものが多く、急速に環境がきれいになっている。これは喜ばしいことだけれど、急速な変化により環境を取り巻く微生物の世界も一変してしまった。当面の敵を見失った免疫系が、もともと無視してきた花粉や室内の埃などに対して強力に抵抗するようになった。それが近年、アレルギーが増えた理由だろう」と。

心に受けるストレスも、同じことが言えると思います。
おうちの子(ペットさん)にも、私たちとの生活のなかで避けられないストレス、受け入れるべきストレスには負けずに、対応できる子でいてほしいですね。
そして過剰なストレスからは守ってあげましょう。

おうちの子(ペットさん)にとってのストレスって何でしょう?
私の家の話になりますが、うちの猫たちは完全室内飼育。
二匹で家の中を走り回っています。
ただ、どうしても世間知らずになりがちで、初対面の方が苦手・・。
初対面の方には、最初からは無理せず、彼らのほうから興味をもって近づいてきてくれるのを待ってもらいます(人見知りの子と暮らしている方でしたら、当然のことかもしれません・・)。
数回、家に遊びに来てくれた人のことは覚えてくれます。
小さな刺激を繰り返すことで、私たち家族と一緒であれば、見知らぬ人ととの出会いも、大きなストレスとならず、自然に対応してほしいものです。

明らかに大きなストレスを抱えてしまっているときには、それを軽減してあげるために、バッチフラワーレメディを使います。
配達のトラックに恐怖心を覚えてしまった我が家の猫。
バッチフラワーを約1週間、使ったところでいつもより明らかに落ち着いて、やり過ごすことが出来ました。
動物病院に行く前後などは、レスキューレメディというパニックに対応してくれるレメディが必需品。

おうちの子(ペットさん)には、いつも穏やかに過ごしてほしいですよね。
飼い主さん、みなさんの共通の願いだと思います。

人も動物も心から健やかな生活を祈って。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

AnimalHarmony

Author:AnimalHarmony
心と体に優しいホリスティックケアを紹介している獣医師の古山範子です。
茅ヶ崎での猫の保護活動、Chigasaki Cat’s Protectのお手伝いなど、猫中心の生活です。

チロとサクラのクリニック 非常勤
Aroma Space Nico ペットのためのホリスティックケア講座 講師
「てづくり猫ごはん」監修

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR