ホメオパシー療法

以前にもホメオパシーについて、ご紹介したことがありますね。
久しぶりに触れてみたいと思います。

ホメオパシーは、同種療法とも言われ、その症状や患者さんの特徴と似たレメディを処方します。
急性の疾患であれば、その症状に合わせて、選ぶことも出来ますが、
慢性であればあるほど、じっくりと患者さん内面も含めて向き合うことになるんですね。

患者さんが言葉の話せる人であれば、カウンセリングを通して、レメディを選択していくことが出来ますが、動物ではそう簡単にはいきません。
その子の様子を観察すること、そして動物のことを良く知る飼い主さんのお話がとても大切になるんですね。

ホメオパシーのレメディ選びにより、その子に対しての新たな気づきがあり、さらに距離が縮まるように思います。
他のホリスティック療法と同様、取り入れることにより、絆も深まるステキな療法だと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

AnimalHarmony

Author:AnimalHarmony
心と体に優しいホリスティックケアを紹介している獣医師の古山範子です。
茅ヶ崎での猫の保護活動、Chigasaki Cat’s Protectのお手伝いなど、猫中心の生活です。

チロとサクラのクリニック 非常勤
Aroma Space Nico ペットのためのホリスティックケア講座 講師
「てづくり猫ごはん」監修

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR